2020/09/28

約15年後に世界の若者を精神的に繋げるであろう新型コロナ・研妻哲学259

新型コロナが繋げる世界を考える


世界中の人々が経験したパンデミック


たとえば今10歳の子供が
15年後には25歳になっているわけで

そう考えると
10年後、15年後は
今の子供たちが成人し
新しい家庭を
築きあげる人もでてくる頃だと言える

歳の差のある結婚とか
国際結婚の場合
ジェネレーションギャップだとか
国や文化の違いから
子供の頃に何が流行ったかの
話題になると
共有できるものがなくて
会話がかみあわないため
ノスタルジーを
夫婦一緒には味わえないもの

ところが
これからの若者には
新型コロナによるパンデミックという
とてつもなく大きな共通点が
既に出来上がっている

これまでだったら
精神的な繋がりが薄くなりがちだった
結婚スタイルでも
今の子供たちが成人して家庭を持つ頃には
結びつきをより強固なものに感じさせる
経験を既に持っていることになる

2020年9月28日、月曜日の記録



*淡々と現実を受け止める、研妻哲学*



パンデミックのような非常事態は、世界の若者の精神的な結びつきを強固なものにするかもしれない





0 件のコメント:

ブログ アーカイブ